So-net無料ブログ作成

普天間移設 首相、現行案を否定(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は24日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を巡り、キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)に移設する現行案について「現行案が受け入れられるというような話はあってはならない」と述べ、明確に否定した。群馬県大泉町内で記者団に語った。

 首相の発言は、同日付の米ワシントン・ポスト紙(電子版)が「岡田克也外相とルース駐日米大使が23日に東京都内の在日米大使館で会談し、現行案をおおむね受け入れると伝えた」と報じたことを受けたもの。

 首相は岡田氏がルース氏と会談したことは認めながらも、現行案に関しては「辺野古の海が埋め立てられることは自然に対する冒とくだ。あそこに立った人は皆、あの海が埋め立てられたらたまったもんじゃないと感じたと思う」と強調した。

 ◇外相と防衛相は微修正に含み

 これに対し、岡田氏と北沢俊美防衛相は、米紙報道はそろって否定したものの、現行案微修正を含めた辺野古移設には含みを残す違いを見せた。

 岡田氏は24日、長崎県佐世保市内で記者団に、「首相が言っておられるように(現行案おおむね受け入れを表明したとの)事実はない」と否定。ただ、現行案に対する自身の考えを問われると「ゼロベースで議論している。それ以上に申し上げることはない」と述べるにとどめ、ルース氏との会談内容も明らかにしなかった。

 また北沢氏は同日、長野市内で記者団に「現行案へ戻るということはあり得ない」と述べた。一方で「どこまでが修正かということがあるから(岡田、ルース両氏の会談の)中身をしっかり聞かなければいけない」とも述べ、現行案の微修正に含みを持たせた。

 政府は、鳩山首相が「県外移設」に強くこだわったことから、鹿児島県・徳之島への普天間移設を検討してきた。ただ全面移設は想定しておらず防衛省は普天間ヘリ部隊の大部分を徳之島に、一部をキャンプ・シュワブ陸上部(沖縄県名護市)に移転する案を軸に米側と水面下で折衝してきた。しかし、米側は沖縄と徳之島の間の距離が遠いことを理由に分散移転には難色を示している。首相と岡田、北沢両氏の発言の食い違いは、首相が昨年の衆院選で事実上公約した「県外移設」が現実の壁にぶつかり、行き詰まっている実情を浮き彫りにしたと言える。

 普天間飛行場の国外・県外移設を求める沖縄県民大会の前日に降ってわいた「現行案受け入れ」報道。「県内移設反対」を訴える県民感情が強まるのは必至だ。岡田氏は「重要な大会を控えて、極めて遺憾だ」と語った。【吉永康朗、仙石恭、笈田直樹】

【関連ニュース】
普天間移設:沖縄知事、県民大会参加へ 発言を政府注視
普天間移設問題:鳩山首相、「職を賭す」 沖縄訪問に意欲
鳩山首相:志位・共産党委員長と会談 普天間移設問題巡り
普天間移設:沖縄知事、県民大会参加を正式表明
鳩山首相:大型連休中に沖縄訪問を検討 実現するかは微妙

<成田空港>トランク燃える 搭載貨物仕分けエリアで(毎日新聞)
宇宙で誕生日 野口さんガッツポーズ (産経新聞)
国内線好調、日航は国際線減=GW空の便予約−航空各社(時事通信)
米の了解得て民主に説明=「腹案言えず申し訳ない」−普天間問題で鳩山首相(時事通信)
中国ヘリがまた近接飛行=沖縄沖、海自艦まで90メートル−防衛省(時事通信)

“カツマー”の生き方「結婚、子育てで女性は成長出来る」(産経新聞)

【女の生き方】

 女性の人生の大きなターニングポイントは、やはり結婚、出産。「そんなに大事なことでしょうか?」という独身女性も少なくないだろうが、今回は既婚女性の声を中心に。

 ちなみに、「カツマー」の信奉を受ける勝間和代氏は「結婚、育児で女性は成長できる」という考え。「カヤマー」に支持される香山リカ氏は「それって個人の自由でしょ」と、一歩引いた見方をしている。

 《家庭を持つことは、独身のみなさんが予想していることよりもすてきなことだと思う。ぜひ、妻と母を経験しておかれることをお勧めしたいです》。兵庫県姫路市の女性(51)から、そんなメールが届いた。

 この女性は、会社務めをしながら結婚、出産、育児をする道を選んだ。さぞ多忙な毎日だっただろうと想像するが、《人間関係や価値観が広がった》《子供が成人した今、それらを経験してつくづく良かったと思う》と、極めてポジティブに受け止めている。

 働く女性に対し、家族や周囲の理解を得るのが難しいケースもあるが、《義理の親や親戚(しんせき)との交流で人間関係が広がり、違った価値観から学ぶことが多かった》。出産、育児では《子供目線で世の中をみるようになった。新しい世代の感覚が新鮮で刺激的だった》。女性は、まさに勝間氏の言葉通り「成長できた」と感じているようだ。

 これまでいただいたメールやファクスでは、意外にも(?)結婚や子育てなどを経験した40〜50代の方に「勝間派」が多かった。妻や母親としてしか体験できないさまざまな出来事に、魅力が大きいということかもしれない。

 とはいえ、やはり主婦業には苦労がつきもの。3人の子供がいるという女性(55)は《家事は終わりのない仕事で、家族はときにはモンスター》と、素直な心情を吐露する。独身であれば、知らずにすむつらさもありそうだ。

 「お金も時間もある独身セレブが一番」「結婚はしたけど子供を産まない人生を選択した」など、違う生き方を選んだ方のご意見もお待ちしています。(奈)

Eメール Kaze@sankei.co.jp FAX 06−6633−1940 郵送 〒556−8661(住所不要)産経新聞社会部「風」 お便りには、ご自身の電話番号、年齢を明記してください

【関連記事】
そこそこ主義、ストレスなく“カヤマー”
私生活も“カツマー” 努力主義…幸せ?
【人生戦略の立て方】勝間和代 お金儲けは「感謝集め」
新委員に勝間和代氏ら 国交省の審議会
カツマーの教祖Vs菅副総理 デフレ対策で通貨大量発行?

「パンでおびきよせ」鹿撃った、女認める(読売新聞)
沖縄県市長会が普天間の県外移設要求(産経新聞)
<中期財政運営>閣僚委開く 財政目標への議論をスタート(毎日新聞)
「基地移設反対」染まる徳之島 「甘い汁はいらない」(産経新聞)
普天間5月決着「絶望的」 ささやかれ始めた鳩山首相の「次」(J-CASTニュース)

鳩山首相の徳之島入りに反発も=普天間移設反対−地元町長(時事通信)

 鳩山由紀夫首相が19日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先として検討している鹿児島県徳之島を訪問する可能性が出てきたことに関し、徳之島の大久保明伊仙町長は同日、取材に対し「徳之島は反対なのだから、来る必要はない。強行して来るのであれば、島民はもっと反発する。会う必要は全くない」と強く反発した。
 同島の高岡秀規徳之島町長は「(徳之島の)3町長で検討、協議してそれに従う」としながらも、「個人的には、『反対』という民意を直接(首相に)伝えるべきだ」との考えを示した。
 一方、大久幸助天城町長は普天間問題で「政府からの打診を受けるわけにはいかない。打診をうけてオーケーでもしようものなら、島民が怒る」と強調した。 

彼女を救出!実は「やらせ強盗」 大学生2人を逮捕(産経新聞)
介護保険貸与品目に認定後、昨年に3件の事故―可搬型階段昇降機(医療介護CBニュース)
「缶詰料理」ひと工夫で“料亭の味”(産経新聞)
埼玉の山中に大量のペットの死骸 野焼きもしていた元町議が捨てた理由とは‥(産経新聞)
内閣支持、続落23.7%=56.5%が不支持−時事世論調査(時事通信)

台場で発煙筒45本燃える(産経新聞)

 8日午後4時15分ごろ、東京都港区台場の商業ビル前の路上で、「かばんが燃えている」と119番通報があった。火は約15分後に消し止められ、けが人や建物への被害はなかった。

 警視庁東京湾岸書などによると、持ち主は発煙筒製造会社社員の男性(50)で、会社から譲り受けた古い発煙筒約45本を持って、台場から転居先の文京区に向かう途中だった。発煙筒のキャップ部分がヤスリになっており、同署はこすれて発火したとみている。男性は「お騒がせして申し訳ない」と話しているという。

【関連記事】
「次はクロマグロ船妨害」シー・シェパード代表予告
車両から煙!? 東京メトロが避難訓練
旧日本軍の毒ガス兵器を引き揚げ 広島・大久野島沖
海保の船で発煙筒盗まれる 福岡・苅田町
スペイン国王杯奪取のバルサで警官隊出動
「中国内陸部の資源事情とは…?」

国会議員と患者関係者でがん対策勉強会(医療介護CBニュース)
近畿地方、夏日 大阪市などで今年最高気温(産経新聞)
西部ガス関連ビルに発砲か=玄関に弾痕、けが人なし−福岡(時事通信)
マニフェストの進捗でヒアリング―民主党研究会分科会(医療介護CBニュース)
サイボウズ:10年1月期の営業利益47%減、子会社売却や開発費の増加が響く

殺人 鉄工会社社長に複数の刺し傷 北九州(毎日新聞)

 30日午後5時35分ごろ、北九州市小倉南区新曽根の白石鉄工社長、白石正人さん(70)の親族から「社長が殺されている」と110番があった。駆けつけた福岡県警小倉南署員が資材置き場のコンテナ内で白石社長の遺体を確認。頭や背中に複数のやけどや刺し傷があり、県警は31日、殺人事件と断定し、同署に捜査本部を設置した。

 調べでは、白石さんは30日午前10時ごろ出社。正午前に「資材置き場に行く」と言って出たまま、連絡が取れなくなっていた。午後1時10分ごろ、白石さんの妻が「携帯電話にかけても出ない」と110番。署員が白石さんを捜したが、見つからず、いったん引き揚げていた。

 妻は午後4時ごろ、捜索願を出し、その後、従業員らがコンテナ内で白石さんの遺体を見つけた。普段は無施錠なのに南京錠がかかっており、不審に思ったという。

 白石さんはコンテナ内でうつぶせに倒れ、頭に複数の切り傷や、背中3カ所と胸1カ所にやけどがあった。頭の傷は深さが数センチあり、頭蓋骨(ずがいこつ)近くまで達していた。着衣は焼けており、シンナーなどの揮発性溶剤のにおいがしたという。財布や時計など所持品を盗まれた形跡はなく、凶器は見つかっていない。

 現場は工業団地の一角で、JR下曽根駅の北東約1.4キロ。

 民間信用調査会社によると、白石鉄工は1961年に白石さんが創業。従業員は約125人で、当初は溶接業が中心だったが、その後、LPG(液化石油ガス)のタンク製造や鋼構造物工事など事業を拡大し、業績は安定している。09年4月期の売り上げは32億5140万円で、業界関係者によると、福岡市のヤフードームの屋根なども手がけたという。【平元英治、降旗英峰】

<囲碁>山下・井山がプレーオフ…本因坊戦リーグ(毎日新聞)
民族の血、先祖捨てる心理に 在日の“帰化タブー”(産経新聞)
悪質ファンドを徹底摘発へ 警視庁が集中取締本部を設置(産経新聞)
<官房長官>沖縄の3訓練区域 米政府に返還求める考え(毎日新聞)
官房長官、首相元秘書初公判で「コメントする立場にない」(産経新聞)

<訃報>菊乃家〆丸さん92歳=最高齢のチンドン屋(毎日新聞)

 菊乃家〆丸さん92歳(きくのや・しめまる<本名・大井正明=おおい・まさあき>、現役最高齢のチンドン屋)16日、急性心不全のため死去。葬儀は済ませた。自宅は東京都墨田区京島3の23の2。喪主は妻さな江(さなえ)さん。

 1917年、墨田区生まれ。三味線弾きなどで家計を支えた母を助けるため14歳からチンドン屋を始めた。開店セールなどでの名口上で知られ、富山市で00年に開かれた第46回全日本チンドンコンクールでは最優秀賞を受賞した。

<日米密約>検証委と異なる「私見」春名委員(毎日新聞)
自民、小林氏の議員辞職勧告決議案提出へ(読売新聞)
欧州5カ国に協力要請=ガンブラー被害多発で警視庁(時事通信)
子ども手当法 成立 6月から支給(毎日新聞)
<鳥取不審死>上田容疑者を強盗殺人罪で追起訴(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。